【動画】いわき未来まちドットコム.Vol17




いわき未来まちドットコム.Vol17(毎週月曜更新)

■ ホスト:いわき緊急サポートセンター代表 前澤由美

■ ゲスト:特定非営利活動法人 ままはーと 代表 笠間真紀

テーマ:「令和元年東日本台風(19号)から一年経って新型コロナと災害対応を考える」
  • 笠間真紀さんは令和元年度東日本台風の被害にあわれた

  • 自宅、事業所共に水害に合い、90センチほど水に浸かった(床上浸水被害)

  • 普段できていないことは、災害時にはもっとできない

  • 日頃から使い慣れているものなどをマザーズバック等に備えておく

  • 笠間さんは通常備えのバックと非常用バックを常に準備している

  • マザーズバックの中身は普段使いのおむつ、おしりふき、重心児用の物品一揃え(予備も含めて)、タオル・バスタオル類、など

  • 数日しのげるお薬も含めて持ち歩いている

  • 非常時にはおしりふきは(子供以外も)手や口を拭くのにも使える

  • バスタオルは体をふくだけでなく保温に使える。

  • 前澤のおすすめはいつでもマザーズバックに体温調整のための半袖、長袖、上着など寒暖差に対応できる着替えを準備すること

  • 子供は食べなれない見慣れないものを口にするのは難しい

  • 準備するものの中に食べばなれたもの好きなものを入れておく

  • 防災備蓄食品も時々(子供たちと)食べてみて事前の不安を減らしておく

  • 非難は昼間明るいうちに(早めに)余裕をもっておこなう

  • 災害から時間が経つと忘れたり、慢心して軽くとらえがちだがしっかり準備する

  • 支援者の防災で大事なことは「人との繋がりを絶やさないこと」


いわき未来まちドットコム

© 2020 いわき未来まちドットコム