【動画】いわき未来まちドットコム.Vol05



いわき未来まちドットコム.Vol05(毎週月曜更新)

■ ホスト:いわき緊急サポートセンター代表 前澤由美

■ ゲスト:管理栄養士 北尾智恵 先生



質問1:子供に与えてもよい塩分量は?
  • 熱中症予防の塩分摂取は「三食」きちんと食べるだけで十分

  • 梅干しは10グラムくらいの大きさに対して1グラムの塩分が含まれる

  • 子供には(与えるとしても)1日半分未満の量にする

  • いわきの人は特に「食塩」の摂取が過剰気味

  • 健康のために「減塩」はとても大切

  • 小さいうちから「薄味」に慣れておいて、大人になっても「薄味」を続けれれるように育てる


質問2:食に関する祖父母のかかわり方と間食について
  • 祖父母はとても喜んだ孫の顔が観たい

  • おやつは甘いとその後の食欲がなくなる

  • 特に15,16時頃に食べると早い夕食は進まない

  • 祖父母とのコミュニケーションが大事(与えるなら、どんなおやつか等)

  • 例えば、カボチャの煮物。ハートや星型に切っておやつするのも良い

  • トウモロコシ、トマト、夏野菜(きゅうり等)をおやつにするのも良い

  • いわき緊急サポートセンターでは「ちいさく握ったおにぎり」もおやつにしている

  • 中には「枝豆」が大好きな子供もいる


専門家意見:子供の「おやつ」についての考え方
  • おやつは「お菓子」、「甘いもの」を食べる時間だけではない

  • 子供の「おやつ」は三食で摂取できない栄養を補う大切な役割がある

  • 子供のおやつは「そのおやつは不足している栄養を補っているか?」で考える

  • 例えば、朝、野菜を食べてなければおやつに「きゅうり」をあげるなど

  • お昼にご飯を食べなかったら、おやつは「おにぎり」など

  • おやつは足りない栄養を補う「補食」として考える

  • 家族で仲良くおやつを作るというのも良いコミュニケーションになる

7回の閲覧

いわき未来まちドットコム

© 2020 いわき未来まちドットコム